FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<改修前>
K様宅の在来工法の浴室です。2ハンドル混合水栓のシャワーなので、湯と水のハンドル両方を操作し、湯水を混合して適温にする必要があります。タイルの床は冬場は足をつけるとひやっとして、全身がぶるっと冷え切ってしまいますね。
浴室施工前2

<改修後>
TOTOのシステムバス”サザナ”にリフォームされました。床は見た目は本物のタイルのようですが、踏みごこちが柔らかで畳のような足ざわりの”ほっカラリ床”です。さらに、表面が乾きやすい工夫がされており、翌朝にはカラリと乾いています。また、勢いのある熱いシャワーは気持ちの良いものですが、お水の無駄づかいが気になります。新技術の”エアインシャワー”は湯水に空気を含ませることで湯水の一粒一粒を大型化。節水しながらもたっぷりの浴びごこちが体感できます。もちろんサーモスタット水栓なので温度管理も水栓におまかせです。
浴室施工後
改修前に比べて、浴室と洗面所の段差が解消されより安全に。浴槽の周囲を断熱材でしっかり覆った”魔法瓶浴槽”の上に、”断熱風呂ふた”でしっかりフタをして、帰りの遅いご家族様がいらしても、あったかい湯船がお待ちしています。

【リフォームデータ】
東久留米市 K邸
家屋形態 戸建
費用概算 約238万(キッチンや洗面所の改修工事費も含む)
工期 約2週間(他の工事個所も含む)


リフォームのご相談・お問合せはアート住宅へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。