FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
~リフォームでリビングがゆったりと暖かなくつろぎの空間に生まれ変わりました~

jirei_inte601.jpg
このリフォームのお話は、このお宅のインテリアデザインを手掛けた「インテリア・プリズム」さんからのお電話がはじまりでした。『お客様がアート住宅さんでの施工を希望されていますが、「こちらでデザインをしてアートさんで施工」という形でやっていただけますか?』との依頼です。通常、当社では企画・デザインから施工までを一貫して行っていますので、今回がはじめてのケースでした。結果、3社(インテリアデザイン:インテリアスタジオ プリズム,家具製作:KIUCHI WORKS,施工:アート住宅)でのコラボになりましたが、3社の得意分野を最大限に出し、手前味噌ですがよい仕上がりになったと思います。

■リビング
jirei_inte602.jpg jirei_inte604.jpg
jirei_inte60mae.jpg
壁はしっくい塗りで、家具類の木目とあいまって、リビングが落ち着いた暖かな空間に生まれ変わりました。
リビングにはコーナーエアコンを取付けました。その下には、アールをつけた飾り棚をあわせています。(写真左)
キッチン扉と同じ材質・引き手で製作されたカウンター収納と全面収納です。たくさんの物・書籍・CDなどが効率よく収納できるようなっています。施工前とくらべると、本当にスッキリと物が納まっているのが分かると思います。(写真右)
jirei_inte611.jpg jirei_inte614.jpg
壁をくり抜いた飾り棚と効果的な照明 (写真左)  ブラインドにもこだわり(木製) (写真右)
jirei_inte613.jpg jirei_inte620.jpg
大量のCDもぴったり納まっています(写真左) スライドカウンター(写真右)

■キッチン
jirei_inte605.jpg jirei_inte616.jpg

キッチンは収納たっぷりで機能的になっています。流し上の吊戸棚のほか、ガス台下も引出し式でたっぷり収納。
キッチンの背面は、収納と作業台に使える造りにデザインされています。
キッチンとリビングのつながりは流し台のカドを斜めにすることで自然な感じに。リビングへと空間の広がりを感じます。
また、ゴミはダストシューターで壁面から外へ。キッチン側へゴミ箱を置く必要がなく、いつもスッキリキレイなキッチンを保てます。
jirei_inte609.jpg jirei_inte607.jpg
ガス台下の収納は引出し式に(写真左) カップボード下もたっぷり収納(写真右)

■サニタリー
jirei_inte618.jpg jirei_inte617.jpg
階段下のトイレですが、そこを利用したカウンターはお客様からの提案でした。
カウンター下には収納を。雑然としがちな掃除用具をスッキリしまえます。
飾り棚に何を飾ろうか?どんな花を飾ろうか?毎日のお掃除が楽しくなりそうですね!

■細部にもこだわり
jirei_inte621.jpg家具製作者木内氏のこだわりの引き手です。一つ一つが手作りです。何でも大量生産で安いものが手に入る今、この手作りでオリジナルの家具類は最高の贅沢。見ていても高級感を感じますよね!
jirei_inte619.jpg

下は施工前、施工後の平面図です。以前廊下だった部分をリビングに取り込み、キッチンとリビングの間の壁はなくしました。構造上残した2本の柱はリビングに調和するようにデザイン。このリフォーム成功のポイントの一つです。お客様からも「満足です!」との言葉をいただきました。
jirei_inte6after.gif jirei_inte6before.gif


●設計・デザイン: インテリアスタジオ プリズム 宮寺良一氏
●家具デザイン・製作: KIUCHI WORKS  木内明彦氏  
●現場管理・施工: アート住宅 (担当)小石澤潔,(監督)横山高巳

リフォームのご相談・お問合せはアート住宅へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。